WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

K.K.

2021/06/14

【重要】2021年7月リリースのWordPress5.8からInternet Explorer11のサポートを終了

投稿者: K.K.
カテゴリー: マークアップ >サービス

ブログシステム「WordPress」を開発しているWordPress Tavernが先月の5月19日(米国時間)に近日中に、IE11のサポートを終了することを正式に発表しました。

Dropping support for Internet Explorer 11

タイミングとしては2021年7月リリース予定のWordPress5.8時点で対応をするとのことです。
現在でもWordPressの管理画面をIE11で開くと、推奨されていないことを示す警告が表示されますが、今後のことを考えてMicrosoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariなどの最新ブラウザを使用するようにしましょう。

サポートが終了するとどうなるか

実際にサポートが終了することで、新たなバージョンのWordPressに実装される新機能がIE11ではテストされなくなる他、予期せぬトラブルが発生したり見た目が崩れるなど様々な不具合が考えられます。更にこういった不具合が発生したとしてもサポートが終了しているので修正されることはありません。

IE11の利用状況

IE11は1990年代にMicrosoft社からリリースされ、約20年の間使用されてきました。しかし、最近のモダンブラウザと比較すると互換性やセキュリティが低いことが挙げられ、同社から新たにリリースされた「Microsoft Edge」の登場や来年2022年6月15日をもってIE11のサポートを終了することが発表されたことによりIE11を利用しているユーザは減少傾向にあります。
現在、世界全体で見るとIE11の利用率は0.62%、日本国内で2.65%と世界で比べると日本はまだIE11の利用率が高めであることが分かります。「まだ来年だから大丈夫だろう」と思わず、できるだけ早い段階で「Microsoft Edge」や他のモダンブラウザへ移行しましょう。

世界全体のブラウザ利用状況

日本国内のブラウザ利用状況

まとめ

2022年6月15日にIE11のサポートを終了するというMicrosoftの発表を受けて、それに伴い様々なサービスがIE11のサポートを終了する流れになってきています。
実際に自分が開発しているシステムや使用しているツールが、今後他ブラウザにて問題なく使用出来るかどうか、今のうちに確認をしておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ