WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

shima

2018/06/14

ワンポイントに!Illustratorでのシーリングスタンプの作り方

投稿者: shima
カテゴリー: デザイン >イラスト

フリー素材を使うのもいいけど少しオリジナルで作れるワンポイントが欲しい!という方のために簡単にできるシーリングスタンプ風イラストの作り方をご紹介いたします。

シーリングスタンプとは手紙の封をする時に使用します。
これだけでお洒落に変わるのでアイコンなどに使用してみてもいいのではないでしょうか。

外側をつくる


まずお好きな場所に楕円を配置します。色は暗くて濃い目が良いと思います。
そして、オブジェクト > パス > アンカーポイントの追加 でパスを追加して少し歪ませます。


次に、正円を作り真中にくるよう配置します。
そして、パスファインダーで分割もしくは前面オブジェクトで型抜きをしてくり抜きます。ドーナツ型になればOKです。
円はコピーして非表示にしておいてください。

立体感を出す

作成したドーナツ型の枠をベベルで立体感を出すために、効果 > 3D >押し出し・ベベルを選択します。
位置は前面、ベベルは複合3が近い形になると思います。そして重要なのは光の角度で、左上から当たるように設定します。

次に、コピーした円を同じ場所に貼り付け(もしくは表示する)
オブジェクト > パス > パスのオフセットで少し小さい円も作ります。また同じようにドーナツ型にして立体感をだします。
この時の光の角度は右下になります。(下記参照)


もう一度、コピーした円を貼り付け
重ね順を背面にします。ここでも3Dを使用してこのように設定します。
(少しなめらかに曲げて影をつけてこの部分を全体的に暗くします。)

これで完成です。

まとめ

最後にイラストやイニシャル(文字)などを加えて同じようにベベルをかけることでさらにシーリングスタンプに近づいていきます。
はじめは調整に時間がかかると思いますが、慣れるとさくっと簡単にできて他に立体感を出したいイラストにも応用できるようになります。この方法をぜひ試してワンポイントに使ってみてはいかかでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ