WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

K.K.

2019/03/11

【Illustrator】フォントの有無に左右されずPDFを開く方法

投稿者: K.K.
カテゴリー: デザイン >イラスト

IllustratorでPDFを開いた際に↓のような画面を見たことがありませんか?

この警告が出た状態でそのままPDFを開こうとすると、代替フォントが適応されデザインが本来のものとは異なって表示されてしまいます。
これはPDFデータがアウトライン化されていないことにより起きる問題です。
今回は同じフォントが手元に無くても、本来のデザイン通りPDFデータをIllustratorで開く方法をご紹介します。

新規ドキュメントを作成

まずIllustratorで新規ドキュメントを作成します。

表示したいPDFを配置

新規ドキュメントを作成したら、任意の表示させたいPDFを配置します。

PDFをアウトライン化

配置したPDFを選択した状態で「透明部分を分割・統合」を選択します。

「すべてのテキストをアウトラインに変換」にチェックを入れ、OKを押すと…

無事PDFデータがデザイン通りのままアウトライン化されました!

PDFデータから直接テキストを使用したい場合等の際にぜひ試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ