WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

K.K.

2021/11/09

Photoshop2022で追加された風景ミキサー!その使い方とエラーの対処法

投稿者: K.K.
カテゴリー: デザイン >Photoshop

2021年10月26日のアップデートでついにPhotoshop2022がリリースしました。
アップデートにより様々な機能が追加されましたが、その中でも今回は風景ミキサーについて詳しく見ていこうと思います。

風景ミキサー

ニューラルフィルターに「風景ミキサー」という新機能が追加されました。
機能を簡単に説明すると、用意したベースの画像に対し、別で用意した風景画像をAIが認識、違和感無く場所や季節感をがらりと変えることが出来る機能です。

今回はこちらの風景画像をベースにしていきます。

やり方は簡単、まずはベースとなる画像をPhotoshop上で開いた後、メニュー内にあるフィルターから「ニューラルフィルター」を選択します。

選択するとニューラルフィルターのパネルが表示されるので、その中から「風景ミキサー」を選びます(初回の場合はプリセットなどのデータダウンロードが始まります)
プリセットの右側にある「カスタム」から自分で合成したい画像をアップロードすることも可能ですが、今回はプリセットの中から左上の雪山を使用してみます。

プリセット内にある雪山を選択すると読み込みが始まり、数秒待つとベースの画像に雪が自動で反映されます。

他にも「日の入り/春/夏/秋/冬」の計5つの項目があり、自分で項目ごとに調整しながら加工することも可能です。
(左上:春/右上:夏/左下:秋/右下/冬)

さらに画像合成+項目による調整をすることでより雰囲気を変えることが出来ます。
(プリセットの雪山+冬100%)

新機能のエラーについて

AIが判別してくれる凄い機能ですが、その分要求されるメモリ容量もかなり多いようです。PCのスペックにもよりますが、場合によってはエラーが発生して正常に機能しない場合があります。

今回はこのエラーの解決方法についても解説します。
メニュー内にある「編集」→「環境設定」→「パフォーマンス」を開きます。

「パフォーマンス」が表示されるのでその中にある「グラフィックプロセッサーを使用する」のチェックを外した後、OKボタンで閉じPhotoshopを再起動します。

これで風景ミキサーが正常に動くようになりました。(上記で説明した通り、PCのスペックにも左右されるため場合によってはそれでも動かないこともあります)

まとめ

今回は風景ミキサーについて解説をしました。
Photoshop2022で追加された新機能は他にもあるのでまた別の機会に解説できればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ