WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

くりりん

2021/06/22

Adobeユーザーは必見!優れたフォントをAdobe Fontsで見つけよう

投稿者: くりりん
カテゴリー: マークアップ >サービス

デザインやマークアップをしている際、フォントの選び方一つでサイトの見た目や可読性、雰囲気などが一気に変わります。
フォント選びに悩んだときによく使用するのがAdobe Fontsというサービスです!今回はこちらのサービスについて説明していきます。

Adobe Fontsとは

Adobe Fontsフォントサービスでは、400を超える日本語フォントを含む、18,000以上の高品質なフォントを、印刷、 web、映像などの制作物に使用することができます。Adobe FontsはすべてのCreative Cloudプランに含まれ、追加料金なしでご利用できます。

と、公式サイトには記載されており、Creative Cloudプランに加入されている方は誰でも使用が可能です。
アドビと世界中のフォントメーカーや提供パートナーのフォントが使えるので、高品質かつ種類も多彩で雰囲気にあったものを探すことができます。
日本語フォントが多いのも良いですね!

  • 使用可能フォント数は無制限(とにかく豊富!フォントに悩んだらまず検索)
  • 商用にも個人用にも利用可能(仕事上で使用する際に毎回調べなくても良いですね)
  • データ交換時も安心(チームや取引先とデータをやり取りする場合、Creative Cloudメンバー同士であればアクティベートできます)

特長の例として上記3点がありますが、Adobe Fontsサービスの良いところは【フォント検索のしやすさ】もあります。

Adobe Fontsでフォント検索してみよう

では実際にAdobe Fontsのページを見てみましょう。

全体的にスッキリと見やすいUIです。

そして使いやすいポイントはこちらのフォント検索エリアです!

言語および文字体系では、すべて~各国の言語選択ができます。
そして文字の分類や、書体の属性など細かくフィルターをかけて検索することができるので、かなりピンポイントなフォント検索をすることができますね。
私は、SansSerifと手書き風は特によく使います。オシャレなフォントもあっという間に見つけることができるので非常に便利です。

ダウンロードをしたいフォントの詳細ページにいくと、太さ違いのフォントをまとめてダウンロードできたり、個別にダウンロードすることが可能です。

まとめ

なかなかフリーのフォントではしっくりこないってときでも、Adobe Fontsでフォント検索をしたらぴったりのフォントに巡り会えるかもしれませんね!
ぜひAdobeユーザさんは使ってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ