WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

2021/06/30

【Illustrator】ドット柄やボーダー柄の作り方をご紹介

投稿者: ちい
カテゴリー: デザイン >WEBデザイン

今回はIllustratorでドット柄やボーダー柄の作り方をご紹介します。
ロゴやマークを作るときに、柄を加えることで印象が変わったりしますよね。
簡単なのでぜひ使ってみてください。

作り方の手順

まずはIllustratorを開き、①スウォッチを開きます。(右側のパネルにスウォッチがない場合、ウィンドウから探してみて下さい)
②次に3本の横棒をクリックします。

3本の横棒をクリックしたら、③スウォッチライブラリを開く→④パターン→⑤ベーシック→⑥ベーシック_点を選択します。

(ボーダー柄もドット柄の手順と同様、③スウォッチライブラリを開く→④パターン→⑤ベーシック→⑥ベーシック_ラインを選択します。)

⑦開いたらドット柄が出てくるので、長方形ツールなどで選択すれば模様が表示されます。

柄に色をつける方法

ここからは、柄に色をつける方法をご紹介します。

①編集→②カラーを編集→③オブジェクトを再配色を選択します。

④次に詳細オプションをクリックします。

⑤配色オプションからホワイト、ブラック、グレーのチェックを外します。
⑥カラーピッカーから色を選択します。
⑦両方選択できたらOKを押します。

色が付きました!
これで完成です。

まとめ

今回は柄の作り方についてご紹介をしました。
Illustratorがあれば簡単に作ることができるので、皆さんもぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ