WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

ほちの

2021/01/08

【Illustrator】簡単にパターンや色を登録できる!便利なスウォッチ機能

投稿者: ほちの
カテゴリー: デザイン >WEBデザイン

Illustratorを使って作業をするとき、色やパターンをスウォッチに登録することがあると思います。
その登録したスウォッチを別の案件や作業でIllustratorを使う時に、使いまわしができたらいいなと思ったことありませんか?

今回はスウォッチを登録して、自分オリジナルのスウォッチを作る簡単な方法を紹介します。

色をスウォッチに登録しよう

まずは色を登録します。紺色のオブジェクトを選択した状態でスウォッチまでドラッグ&ドロップをすれば簡単にスウォッチに追加されます。

また複数の色を一気にフォルダにまとめて追加したい場合は、追加したい色のついたオブジェクトを選択します。
そして、選択した状態でスウォッチの下にあるフォルダを押すと新規カラーグループと出てくるので、作成元を「濃度調整したスウォッチを含める」を選択し、OKを押します。
そうすると、一気にフォルダに追加することができます。

スウォッチを保存して使いこなそう!

スウォッチを保存して登録する

何色か登録出来たら、スウォッチを保存します。

スウォッチライブラリメニューをクリックし、一番上にある「スウォッチを保存」をクリックします。

保存先を選択する画面がでてきますが、赤枠で囲ってある一番最初に指定されている保存先に保存してしまうとどこに保存したのか分からなくなってしまうので、
デスクトップにフォルダを作って保存…など自分が分かりやすい場所に保存してください。

保存が完了したら新規作成で別のドキュメントを開き、再びスウォッチライブラリメニューをクリックし、今度は一番下にある「その他のライブラリ」をクリックします。

スウォッチを保存した先までクリックし、先程保存したスウォッチを開くと別のIllustratorでも自分が保存したスウォッチを使うことができます。

ネットにあるスウォッチをダウンロードして使うことも!

自分でスウォッチを作るだけではなく、ネットで検索すると様々なスウォッチを紹介しているサイトもあるので、そちらも参考にすると、さらにアイディアなどが広がるのではないでしょうか。

ぜひ、検索して用途にあったスウォッチも探してみてください。

まとめ

Illustratorを使い始めた時は「前回使った色を使いたいのに、また色を入力しなおさなきゃいけないのか…」と結構手間なことをやっていましたが、今回紹介した方法で手間が省け、時間短縮にもなります。
作業する時は、手間なことにはなるべく楽な方法を取り入れたいですよね。
ぜひ試してみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ