WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

とみー

2020/12/04

【Photoshop】空を簡単に置き換えることができる新機能を紹介!!

投稿者: とみー
カテゴリー: デザイン >Photoshop

今回は風景画像などの空を青空や夕焼けに簡単に置き換えることができるPhotoshopの機能を紹介したいと思います。

「空を置き換え」機能の使い方

空を変更したい画像をPhotoshopで開きます。

「ファイル」→「開く」から画像を開きます。

「編集」→「空を置き換え」をクリック

「編集」→「空を置き換え」をクリックすると、空を置き換えウィンドウが開くので、どのような空にするのか選択します。
その後、空の調整パネルで明度や色温度などを調節し写真になじませます。
調整が終わったらOKボタンをクリックします。

OKボタンをクリックすると、「空を置き換え」の結果が新規レイヤーとして生成されます。
レイヤーなので、扱いやすくとても便利です。

ビフォーアフター

↑before(変更前)

↑after(変更後)

ビフォーアフターがこちらの画像になります。
こんなに簡単に違和感なく空を置き換えることができて、種類も青空や夕焼け、虹などもあるので一度チャレンジしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
とても簡単に空を置き換えることができました。
空を置き換えるだけでかなり印象や雰囲気が変わるのでぜひ使ってみて下さい。
今回は「空を置き換え」の機能を紹介しましたが、他にもPhotoshopの機能はまだまだあるのでまた紹介したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ