WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

たかし

2015/04/08

あなたは当てはまる?コーダーに向いている人の特徴

投稿者: たかし
カテゴリー: マークアップ >その他

コーディングは終わりがあるようで終わりがありません。
組んで終わりではなく、組んだ後も重要です。

今日はコーディングを行うコーダーさんに向いている人の特徴をまとめました。

まとめることが好きな人

大規模なWebサイトになってくると、「いかにまとめることができるか」が重要になってきます。
汎用性のある作り方をしなければ、Webサイト全体に影響が及ぶからです。

CSSを書く時は常に汎用性を考え、綺麗にまとめることができるのであれば、多少の構造修正も喜んで行います。

ソースを見ることが好きな人

綺麗に書かれたHTMLソースやCSSを見ると、思わず真似したくなります。
Webサイトを開いてまず見るものはソースコードです。

idやclassの名前の付け方やファイル名なども見て、自分のコーディングの参考にします。

美しくデザインされたWebサイトと、そのソースコードに非常に興味があり、そういったWebサイトを見つけた時はずっと眺めていたいと思っています。

試すことが好きな人

新しく得たテクニックやツールをどこかで使えないかウズウズしています。
役立ちそうなWebサイトを見つけた時はすぐにブックマークをし、時間をかけてじっくりを見ます。

誰に見せるためでもなく、試してみて自分で喜ぶためにコーディングをします。

Webサイトを組み上げる時は、同じ見た目に見えても意識は常に新しいものを作っている感覚です。

情報収集が好きな人

目的を達成するための情報収集をすることが好きです。
既に知っている知識でも、さらに効率の良い方法を常に探しています。

そしてそういった情報源を常に求めています。

まとめ

いかがでしたか?
Webサイトの基盤を作るコーダーさんは、その仕事が好きでやっている人が多いです。

日々新しい情報を得ることを喜び、楽しみながらコーディングをしていけると良いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ