WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

スーザン

2013/01/22

iPhoneでHTMLソースコードを表示

投稿者: スーザン
カテゴリー: マークアップ >作業効率化

今回はiPhoneでHTMLソースコードを表示するブックマークレットをご紹介したいと思います。

HTMLソースコードを表示するブックマークレット「Snoopy」

http://snoopy.allmarkedup.com/

 

1.ページ中盤にあるテキストエリアの中身をすべてコピーする。

Snoopyサイト内にあるテキストをコピーします。
(2. Copy all of the code in the following textarea to the clipboard: に書かれている字が薄くなっているJavascript部分からです。)

2.コピーしたソースをブックマークする。

アドレスの部分にコピーしたJavaScriptを貼り付けます。
ブックマーク名は何でもOKですが、今回はわかりやすくHTML表示にしてみました。

3.Snoopy を使ってソースコードを表示してみる。

Safariでソースを表示したいページを開き、その後に先程登録した「HTML表示」ブックマークを開けばOK。

4.view source をクリックし、ソースコードをハイライト表示する。


view sourceをクリックすると現在開いているページのソースコードが表示されます。
「overview」を押せばそのページのDoctypeや文字コード、jQueryのバージョンやGoogle Analyticsを使っているかどうかなども表示されますよ。

iPhoneだけでなく、iPadにもこちらのブックレットは使用出来る様です。
電車の移動中などで見ていたページのHTMLが気になる時に、

手軽にチェック出来るのでとってもオススメですよ。
皆様も是非ご活用下さいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ