WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

mane

2021/02/24

【Movable Type.net】カスタムフィールドを使って一覧ページを任意の表示順にする

投稿者: mane
カテゴリー: プログラム >CMS

Movable Type.netを使用して、一覧に表示する順番を“任意の順番で固定表示したい”というご要望がありました。
WordPressのように、プラグインを利用して表示の順番を変更することがMovable Type.netではできません。
なので、カスタムフィールドを利用して表示の順番を設定していきます。

実行したいこと

下記画像の様な一覧ページに表示される順番を、任意の表示順にしたい。

カスタムフィールドの用意

名前:任意の名前
タイプ:テキストを設定します
識別子:カスタムフィールドの値を決めます

Entriesタグにモディファイアを設定する

それではループ開始処理のEntriesタグにモディファイアを記述していきます。

<mt:Entries sort_by="field:sort_order" sort_order="ascend">

sort_by=”field:〇〇”

「sort_by=”〇〇”」はブログ記事を並び替える対象を指定します。
今回は先程作成したカスタムフィールドを使用するので、「sort_by=”field:〇〇”」を使用して指定します。
field:〇〇の〇〇部分に、カスタムフィールドの値を入力します。

sort_order=”ascend”

「sort_order=”〇〇”」はascend:新しいものが下、descend:新しいものが上。

参照ページ
https://movabletype.net/tags/2007/08/entries.html

投稿画面からの設定

投稿画面にカスタムフィールドで設定した「並び順」が表示されていると思いますので、ここに、必ず半角数字で入力していきます。

タイトルに並び順と同じ数字を半角山括弧<>で下記画像の様に記入しておくと分かりやすいです。

表示の確認

更新が完了したら、一覧画面を確認してみましょう。
この様な表示になっているはずです。

分かりやすい様に、日付がバラバラになるよう変更しました。
日付順ではなく、カスタムフィールドに設定した数字の順番で並んでいますね。

最後にタイトルに表示された<001>の数字などが邪魔なので、下記のコードをタイトルタグに入力しましょう。

<$mt:EntryTitle remove_html="1"$>

HTML タグを除去してくれる「remove_html=”1″」モディファイアをEntryTitleタグに設定して<001>を非表示にします。

これで完成です。
使えるシーンがあると思うので、覚えておくと便利ですよね。
次回はこちらの応用編で、「特定の記事のみ一覧に表示し、並び順を任意のものに変更する」という方法をご紹介していこうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ