WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

JQ

2021/02/16

無料で使えるWebフォント「Google Fonts」に日本語フォントが4つ追加されました

投稿者: JQ
カテゴリー: デザイン >フォント

無料で使えるWebフォント「Google Fonts」に日本語フォントが4つ追加されました

Webサイトを制作していて、ページ内でWebフォントを利用したいと思ったとき、Googleが運営する「Google Fonts」が無料でかんたんに使用できるため、とても便利です。

ですがこのGoogle Fontsは、サービス開始当初は日本語フォントの提供が少なく、あまり日本国内のWebサイトで利用するということはありませんでしたが、ここ最近は日本語フォントも徐々に増えてきて、Webサイトに組み込んで使用する機会も増えました。

2021年になって、新たに4つの日本語WebフォントがGoogle Fontsに追加されました。今回はかなり遊び心があり、本文に使用するというよりは、見出しの文字として使用すると良さそうなフォントばかりとなっていますので、ご紹介します。

無料Webフォント4選

レゲエ(Reggae One)

Reggae One

レゲエ(Reggae One)フォントは、かなり躍動感のある、1画1画をなぐり書きにしたようなフォントです。

ダイナミックな動きのあるWebページの見出しのフォントなどに使用すると良さそうです。

ウェイトはRegular(400)の1種類のみです。

フォントの導入はこちら

はちまるポップ(Hachi Maru Pop)

はちまるポップ

はちまるポップ(Hachi Maru Pop)は、全体的に丸みを帯びた細めの線を使用したフォントとなっています。

こども向けのサイトや、女性向けのサイトに使用すると良さそうです。

ウェイトはこちらもRegular(400)の1種類のみです。

フォントの導入はこちら

ぽった(Potta One)

ぽった

ぽった(Potta One)は、ゆる~い筆文字のフォントになっています。

かなり線が太いので、サイトのメインビジュアル内に大きくキャッチコピーなどを掲載するようなときは重宝するかもしれません。

ウェイトはこちらもRegular(400)の1種類のみです。

フォントの導入はこちら

油性マジック(Yusei Magic)

油性マジック

油性マジック(Yusei Magic)は、その名の通り油性マジックで書いたようなフォントとなっています。

引越しの荷造りをする時にダンボールに中身を書くときみたいな感じを出すことが出来ます。

ウェイトはこちらもRegular(400)の1種類のみです。

フォントの導入はこちら

まとめ

今回は2021年になってGoogle Fontsで使用可能になった日本語Webフォント4選をご紹介しました。

今回追加されたフォントは、どれも本文フォントとして使用するには少々読みづらいので適さないかもしれませんが、様々なジャンルのWebサイトに大きめに使用するには、インパクトがあり、目を惹くデザインになると思いますので、効果的かと思います。

Google Fontは、ダウンロードすればパソコン上でデザインをするためのフォントとして使用することも出来ますので、ぜひ取り入れてみてください。

関連記事

また、過去にGoogle Fontsについて書いた記事もありますので、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ