WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

K.K.

2020/03/04

自動で配色を出してくれるWEBサービス「Coolors」

投稿者: K.K.
カテゴリー: >

WEBサイトやバナーのデザインをする際、配色で困ったことはありませんか?

今回はスペースキーを押すだけで明度や彩度があった配色をランダムで出してくれるWEBサービス「Coolors」をご紹介します。

Coolors

基本的な使い方

まずはCoolorsにアクセスしましょう。
サイトへアクセスしたら青いボタンの「Start the Generator, it’s free!」をクリックします。

すると相性の良い5種類の色が表示されます。
この状態でスペースキーを1回押すと…

新たにランダムな5種類の色が生成されます。
このように色を生成していき、自分の気に入った色を見つけましょう。

気に入った色が見つかった場合は、その色を単体でロックすることが出来ます。
今回は左から2番目の黄色をロックして、他の4色を再度生成してみたいと思います。

ロックする場合は鍵のマークをクリックします。

その後スペースキーを押すと…

上記画像のようにロックした色に合った色を再提案してくれます。

また、自分でカラーコードを入力することも可能なので、
主軸となる色を自分で入力して、他4つの色を選別するという使い方も出来ます。

生成したカラーパレットは保存することが出来ます。
URL自体でカラーパレットとして保存されているため、直接ページをブックマークしたり他の人にURLを教えることで共有が可能となります。

また、右上にあるExportを選択すると形式を選んでダウンロードすることも可能です。
自分に合った形式で保存しておきましょう。

メインカラーは決まっているけど他の配色に困った際などに
今回紹介した「Coolors」を役立ててみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ