WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

ほちの

2021/05/24

Illustratorで作成したパターン模様を隙間なくPhotoshopで適用する方法

投稿者: ほちの
カテゴリー: デザイン >WEBデザイン

Illustratorで作成したパターン模様をPhotoshopで適用すると謎の隙間ができてしまう事ありませんか?
Illustratorでは隙間が表示されていないので、隙間を埋める方法も分からない…と困ってしまいますが、簡単にその隙間をなくす方法があります。

隙間をなくす方法

まずは「オブジェクト>分割・拡張」機能を選択

一番最初に「オブジェクト>分割・拡張」をクリックします。

クリックすると画像のような選択画面がでてくるので、「塗り」にチェックを入れ、OKをクリックします。

「パスファインダー:合流」をクリック!

次に「パスファインダー:合流」をクリックします。

クリックすると画像のようにパターンが個々に選択されます。

なんとこの2つの手順で完了です。あとはPhotoshopで適用すれば先程あった隙間がなくなっています。

まとめ

隙間をなくす手順を知らないと、難しいことをやらなければいけないと思ってしまいそうですが、意外と簡単に解決できます。

2つの手順で解決できるので作業もサクサク進みそうですよね。困ったときにはぜひ試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ