WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

スーザン

2017/04/13

使える!デザイン・コーディングに役立つPhotoshopの時短ワザ!

投稿者: スーザン
カテゴリー: デザイン >Photoshop

【デザイン編】角がめくれたデザインをカンタンに作成する

角がめくれたようなデザインはphotoshopの効果を使ってカンタンに作成出来ます。

今回は写真の一部をめくれたように見せるやり方です。

画像を準備する

まずは加工したい画像を開きます。
このときに画像レイヤーはラスタライズしておきます。

めくりたい部分を選択

選択ツールでめくりたい部分を選択します。
今回はフレームの右端(点線部分)を選択しています。

ワープ効果を使う

ツールパネルから
「編集→変形→ワープ」を選択

先程選択した点線部分にメッシュが表示されます。

メッシュ上にある、変更したい部分のポイントを左斜め下にずらしていきます。
方向線を動かしながらカーブの度合いも調整します。

あっという間にめくれた画像の出来上がりです。

白くなっている部分に背景をつけるとより馴染んだ画像になります。

【コーディング編】スライスを複製する方法

同じサイズの画像が連続する時、スライスも同じサイズで複製していきたい。
そんな時に使えるワザです。

通常通りスライスをする

まずは通常通りスライスをおこないます。

スライスを複製する

スライス選択ツールに変更し、スライスを選択した状態で「Alt」キーを押します。
すると、カンバス上のナイフツールの右上に「白と黒」の矢印が現れます。
さらにそのままスライスを上にずらします。

するとスライスが複製されています。
同じ作業を繰り返せば、いくつでも同じサイズのコピースライスを作成することが可能です。

連続して同じものを切り出したい時はかなり時間短縮に!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ