WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

スーザン

2017/02/28

Photoshopで写真の一部の色をカンタンに変更する方法

投稿者: スーザン
カテゴリー: デザイン >Photoshop

デザインで写真を使用するとき、この部分があの色だったらよかったのに・・・
という時に使える、カンタンで便利な方法を2つご紹介します。

今回はリンゴの写真を使用します。
赤リンゴを青リンゴに変えていきます。

色調補正を使ったやり方

まずは、使用したい写真をPhotoshopで開きます。

色の置き換えを選択する

色調補正の色の置き換え効果を使用します。

【メニューバー】
イメージ→色調補正→色の置き換えを選択

このようなパネルが表示されるので、変更したい赤リンゴを選択していきます。
現在の選択範囲がパネル上に白色でプレビューされているので、確認をしながらスポイトで色をとっていきます。

最初は一部しか選択されないので、shiftキーを押しながら変更したい箇所を追加していきます。

色の置き換えをする

画像のように、赤リンゴ部分を全て選択できたら、パネル上にある

【置き換え】
色相(H)、彩度(A)、明度(G)を調整していきます。

色が変更される様子が画面上にプレビューされるので、確認しながら自分のお好みの色に調整してください。
今回は以下のように設定しました。

色相 +62
彩度 -18
明度 -8

色の置き換えツールを使ったやり方

次は、ブラシツールにある色の置き換えツールを使っていきます。

まずは、先程同様使用したい写真をPhotoshopで開きます。

色の置き換えを選択する

【ツールバー】
1.ブラシ→色の置き換えツール

2.ツールバー下部の描画色、背景色を変更したい色に調整。(黄緑色になっている部分です。)

色の置き換えをする

赤リンゴをそのままなぞっていくと、緑色に!
細かい輪郭部分などは、ブラシサイズを細くすると塗りやすくなります。

色を微調整しながら変えて行きたい場合は、1番目。
よりカンタンに手早く変更できるのは2番目に紹介したやり方です。
用途に合わせて使用してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ