WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

くりりん

2017/01/27

Photoshop CC 2015と旧バージョンとのレイヤースタイルの互換性に注意しよう!

投稿者: くりりん
カテゴリー: デザイン >Photoshop

Photoshop CC 2015から、「境界線」や「ドロップシャドウ」など、一部のレイヤースタイル(効果)が複数に増やせるようになりました。
ですが、CC 2014またそれ以下のバージョンではこの機能に対応していません。
新しい機能を使用したデータを旧バージョンのPhotoshopで編集しようとすると、互換性の問題が発生します。そこで、複数の効果を使ったデータを旧バージョンで開くときに注意すべき点についてご紹介します。

CC 2015の機能 複数のレイヤースタイルを追加してみる

まず、複数の効果を追加するには、

  1. [レイヤーパネル]で対象のレイヤーをダブルクリックし、レイヤースタイルのダイアログを開きます。
  2. 複数に増やせる効果は、名称の右側に[+]ボタンがありますので、これをクリック(または、左下の[fx]アイコンをクリックして、追加したい効果を選択)

1種類の効果につき、最大10個まで増やすことができます。

複数効果を追加したデータを保存します。
では、複数の効果を持つCC 2015のデータをCS6で開いたとき、実際にどのようになるか見てみましょう。

CS6で開いてみたところ・・・

保存したファイルをCS6で開くと、事前に警告が出て選択画面が表示されます。
選択肢は、レイヤースタイルを統合(正確にはラスタライズ)してしまうか、可能な範囲でレイヤーを保持するか、統合(全てのレイヤーが統合され編集ができなくなってしまいます)の3つです。
[レイヤーを保持]を選択しデータを開くことはできますが、効果を複数に増やしていると、チェックボックスでの表示・非表示に関わらず、旧バージョンでは編集することができなくなってしまいます。

旧バージョンでも編集できる為の対策は?

CC 2015でファイルを保存する前に、レイヤースタイルのダイアログで左下の「fx」アイコンをクリックし、“隠された効果を削除”を選択します。
これにより、チェックがオフの効果は全て削除されます。この状態にしておけば、CC 2015で削除しておいた効果は非表示として処理される為、旧バージョンでも破棄されることなく開けます。

まとめ

他の人に渡すデータで、どのバージョンで開かれるか想定ができない時は、新しいバージョンでしか使用できない機能か確認をした上、互換性を保ったデータで制作が出来るようにしておきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ