WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

スーザン

2016/10/27

【基本知識】ベーシック認証でWEBサイトにパスワードをかける方法

投稿者: スーザン
カテゴリー: プログラム >セキュリティ

WEBサイトにパスワードをかけて、特定の人だけ見せたいときに使われる「Basic認証」。
今回は、オンラインツール「.htaccess Editor」を使い、簡単な方法を説明していきます。

ユーザ名とパスワードを設定する

まずはベーシック認証のかかったページを閲覧する際に、必要となるユーザ名とパスワードを設定します。画像の番号と合わせて説明をしていきます。
左メニューからベーシック認証を選択してください。

1

ユーザ名(1)とパスワード(2)を決める

どちらも任意のものでOK。ランダム作成ボタン★を押せば、ランダムなパスワードを生成することできます。

【該当部分 例】
ユーザー名:qam
パスワード:proninaru

.htpasswdを作成する

ユーザ名とパスワードを入力したら、.htpasswdを作成ボタン(3)をクリック。
.htpasswdファイルを作るときに必要なテキストが生成されます。

.htpasswdまでのサイトパスを入力する

サーバーのサイトパス(5)を入力します。

【該当部分 例】
/home/qam-web.com/.htpasswd

※サイトパスがわからない時は・・・

テキストエディタに下記内容をコピーしてphpファイルを作成してください。(ファイル名は任意です。今回はsample.php)

<?php
echo __FILE__;
?>

そのphpファイルを、パスを知りたい階層にアップロードします。
URL/sample.phpとブラウザ上で入力すると、サイトパスを確認することができます。

例)http://www.qam-web.com/sample.php

必要なファイルを作成する

「.htpasswd」ファイルを作成する。

「.htpasswd」の項目(4)に表示されている内容をテキストエディタにコピーし、.htpasswdという名前で新規ファイルを作成します。

【該当部分 例】
qam:3.WXQnaHgtzAI

「.htaccess」ファイルを作成する。

2

(6)に記述されている内容をテキストエディタにコピーし、.htaccessという名前で新規ファイルを作成します。

※上記で作成する.htpasswd、.htaccessは拡張子の問題でそのままでは保存できないので、まずはhtpasswd.txt、htaccess.txtにて一度保存します。
サーバーにファイルをアップロードしてから.htpasswd、.htaccessに名称を変更をします。

ファイルをアップロードする

5

.htpasswdまでのサイトパス(5)で記述した場所に .htpasswdファイルをアップロードします。

例)/home/qam-web.com/の階層へ.htpasswdをアップロード

パスワードをかけたいページの階層に.htaccessファイルをアップロードします。
今回はどちらも同じ階層にアップしました。(http://www.qam-web.com/index.html にかける場合を記しています。)

3

サイトを確認した際に、このような認証画面が出てきたらベーシック認証の完了です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ