WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

2014/09/22

マーケティング視点に基づくWEBデザインとは

投稿者: wacky
カテゴリー: マーケティング >その他

ここ最近マーケティング視点にもとづくWEBサイトということをよく聞くようになりました。ただ、多くのWEBサイトは、本当にマーケティング視点にもとづいたWEBサイトであるのか?ということについては疑問が残ることが多いのが事実です。

マーケティング視点に基づくWEBサイトというと難しく聞こえますが、要はWEBサイトの訪問者が必要としていることが書いてあるか否か、ということです。
例えば、Aさんという架空の人が、フリーペーパーを見て、ある住宅メーカーに興味を持ったとします。その住宅メーカーのPCサイトはきれいに作りこんでいて、問い合わせまでの導線がしっかりしているのに、スマートフォンサイトでは、問い合わせ方法がわからないのでは、マーケティング視点に基づいたWEBサイトとは言えません。
このような考え方は「アダプティブWEBデザイン」と呼ばれ、コンテンツの最適化をして表示をさせることと言われています。
下記の図は、アダプティブWEBデザインの考え方をまとめたものです。アダプティブWEBデザインは、画面サイズとコンテンツに区別され、両方をまとめたものがレスポンシブWEBデザインと言われています。

20140922_001

今後もWEBマーケティングの考え方などもトピックスがありましたら、随時ご紹介させてさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ