WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

K.K.

2019/10/24

無料とは思えないクオリティ!画像編集ツール「Fotor」

投稿者: K.K.
カテゴリー: トレンド >サービス紹介

画像加工や編集を行えるツールは様々ありますが、その中でも有名なツールといえばPhotoshop。
機能面としては問題無いのですが、やはり有料であることもあり、慣れていない場合なかなか手を出しづらいという人も少なくないと思います。

そこで今回は、無料で利用可能な「Fotor」をご紹介します。

Fotorとは

Fotorとは、無料で画像加工や編集が行えるツールです。
PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに対応しているのが特徴的です。
スマホアプリ版の場合は直接アプリから撮影することも可能です。

今回はPC版での説明をしていきたいと思います。

Fotor

Fotorで出来ること

サイトにアクセスして分かるように、Fotorで出来ることは大きく分類して3つあります。

  1. 写真を編集
  2. コラージュを作る
  3. デザインを作成

今回紹介する画像加工を行う場合は左の「写真を編集」をクリックします。

画像の編集方法

編集画面にアクセスしたら、まずは上のメニューにある「開く」から「コンピュータ」を選択して加工したい画像を読み込みます。

ここからは特に重宝する機能を一部抜粋して紹介していきます。

ワンタッチ補正

ワンタッチ補正は読み込んだ画像の色味や明るさ、ブレ等を自動的にワンクリックで調整してくれる機能です。
細かい調整等が不要な際や画像加工に慣れていない方はこちらを一度試してみてください。

切り取り

読み込んだ画像を自由に切り取り(トリミング)できる機能です。
テキストボックスによる数値での調整や、右側の画像で直接調整することも可能です。

回転

左右や上下反転、90度回転などの編集が出来ます。
下にある補正のスライドバーで回転の微調整も可能です。

基本機能

明るさ・コントラスト・彩度・シャープネスをスライドバーで調整することが出来ます。

ビネット

ビネットは画像の周辺四つ角を暗くする機能です。
画像の中心にある主体を目立たせたりレトロな雰囲気を出すことが出来ます。

リサイズ

ピクセル単位やパーセントで画像をリサイズすることが出来ます。

ぼかし

一番左のメニューの上から2番目「効果」に切り替えると様々な効果メニューが表示されます。
一部アイコンが付いている機能は有料となりますが、アイコンが無い機能に関しては無料で利用することが可能です。
中でも「ぼかし」は汎用性が高いかと思います。
右側の画像で位置を調整してスライドバーでぼかしの調整が可能です。

美顔

一番左のメニューの上から3番目「美顔」に切り替えると顔に関する効果メニューが表示されます。
無料で利用可能な機能でも、シミ取り・シワ取り・アイシャドウ・アイライン・アイブロウ等様々ですので、顔が写るような写真にはぜひ活用してみてください。

フレーム

一番左のメニューの上から4番目「フレーム」に切り替えるとフレーム効果メニューが表示されます。
フレームを選択すると読み込んでいる画像の一番外側にフレームが追加されます。

保存

編集が完了したら、上のメニューの一番右「保存」をクリックして保存したい画像名を入力します。
入力完了後、ダウンロードのボタンをクリックしたら完了です。

まとめ

今回紹介した以外にも様々な機能がありますのでぜひ一度利用して、気に入った場合は有料プランへの加入も検討してみてはいかがでしょうか。

Fotor

Photoshop しっかり入門 増補改訂版 【CC完全対応】[Mac & Windows対応]
まきの ゆみ
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 6,290

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ