WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

K.K.

2019/04/18

Photoshopでプログラムエラーが起きた時の対処法

投稿者: K.K.
カテゴリー: デザイン >Photoshop

Photoshopを使用していると「プログラムエラー」という不具合が起こることがあります。

今回はこのプログラムエラーが発生した場合の対処をご紹介します。

なぜプログラムエラーが発生するのか

Photoshopは起動をする際に環境設定ファイルを読み込みにいきます。
この読み込みにいく環境設定ファイルが破損している場合、プログラムエラーが起きます。データの保存や編集自体が行えなくなる厄介なエラーです。

対処法としては破損した環境設定ファイルを消去して、再度新たな環境設定ファイルを作ることになります。

起きた場合の対処法

Photoshopを終了

まずは現在起動しているPhotoshopを終了します。

環境設定ファイルを探して消去

次にPC内にある環境設定ファイルを探して消去します。個人によって格納場所が異なる可能性がありますが、ほとんどの場合は下記にあります。

Windowsの場合
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC\Adobe Photoshop CC Settings

Macの場合
Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop CC Settings

このファイルを消去またはファイル名をリネームします。

Photoshopを起動

ファイルの消去またはリネームが完了したら再度Photoshopを起動します。

上記の手順を行うと環境設定ファイルが再度作成され正常にPhotoshopを操作することが出来ます。
ただし、アプリケーションの設定が初期化されてしまうため、前回の設定を再度する必要があるので注意してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ