WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

もの

2012/09/13

photoshopで簡単にイラストが描ける小技

投稿者: もの
カテゴリー: デザイン >イラスト

最近、イラストのお仕事を頂くことが多くなってきました。
昔から絵を描くのが好きなので、とってもうれしいです(*´∀`*)
ありがたいことです。
ただ、趣味ではなくお仕事なので、効率よく、なるべく早く作れるようにならないといけません。
私は手が遅いので、いつも悩んでいます…。

そういうわけで、今回はphotoshopを使って、
手早く簡単にイラストが描ける小技をご紹介します☆
といっても、デザイナーさんなら
「何を今さら偉そうに」「そのくらい知ってるわ」「そんなもの使えないわ」と
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…。
何かのお役に立てれば幸いです。

(1)簡単☆お花の描き方 基礎編

凝った絵は別として、アイコンや模様に使われるようなイラストって、
構造はそんなに難しくなかったりします。
というのも、複雑そうに見えるイラストも、実はよくよく見ると
同じ図形の繰り返しだったりするからです。

こちらのお花は、photoshopならデフォルトで入っているはずの「しずく型シェイプ」を
ただ並べていくだけでできちゃいます。

1. シェイプで縦長いしずくを描きます。
2. しずくをコピペして垂直反転、上へ移動。
3. 2を量産&回転します。90°、45°に回します。※角度は目安です。
4. 黄色い円を中心へ。お花のできあがり!

背景の模様やアイコンなら、これでいけそうです♪
ちなみに、花びらと中心の丸の大きさの比率を変えると、また違ったイメージの花になります。

(2)簡単☆お花の描き方 応用編

偉そうに「応用」なんて言っていますが、大した事ないです。
量産&回転をさらに繰り返して効果つけたら終わりです(汗)

5. 4で作った赤い花をコピペ&回転します。
6. レイヤー効果で境界線とグラデをつけます。
7. 赤、黄それぞれ量産&縮小します。

ガーベラっぽい花ができました。
これなら、模様だけでなく一つのイラストとしてもいけそう…な気がします!!
花びらを重ねるほど、繊細な絵になっていくので、
もっと重ねて違う花を作ってみてもいいでしょうね。

(3)簡単☆レースの描き方

これは、最初に知ったときはびっくりしました。
なんと、テキストの組合せでレースができちゃうんです!!
とりあえず、「icept」で作ってみました。

1. 筆記体フォントでローマ字を打ちます。文字はパスにします。
2. 文字をコピペ&水平反転させます。
3. 2を量産&垂直反転。少し重なるくらいに。
4. 3を量産&回転。レースのできあがり!

結構、それっぽくできました\(´∀`*)/
フォントや文字によってはうまくいかないかもしれませんが、
その辺はいろいろ試してみるしかないです。。。

今回ご紹介した小技ですが、
(1)(2)に関しては自分で何となくやってたらできたものです。
(3)はどっかで見たのですが、忘れました(汗)
なので、もっと良い参考サイトや本などあると思います。
いろいろ探して、試してみると楽しいですよ☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ