WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

コロ

2013/08/26

勝手にWEB分析(ウェディング系)~vol.1

投稿者: コロ
カテゴリー: デザイン >UI・UX

今回はマイページのコンテンツについてのお話。

さて、長ーい個人情報の入力が済み、ログインします。
マイページトップに遷移すると、真っ先に目に飛び込んでくるのは、
コンテンツエリア中央左にある、アバターエリア!(そうなのか・・。)

ユーザーの目線は、ページの左上から右下にかけて移動するのですが、
一番優先順位の高いもの、見せたいものは、左に置くようにするのが、
WEBサイト制作の1つのポリシーになっています。
この考え方からいくと、このサイトではアバターはまだ優先順位の高いコンテンツとなります。
確かに別ページにアバターの着せ方のプレゼントキャンペーンなどありました。
LINEの影響もあって、まだまだアバター系(?)の人気は根強いのでしょうか。

その横には、ダンドリチェック、お気に入り登録、そしてスケジュールとその他コンテンツと続きます。
個人的には、スケジュールが上にあるともっと使いやすいです。
もう一つわがままを言うことができるなら、私の場合、まだ登録したばかりなので、
「エンゲージリングは購入しましたか?」
「フェアへの予約はしましたか?」
などの潜在意識を掘り起こさせるコンテンツがあってもいいと思います。

サイト内から予約したものは、ここのスケジュール表にも表示されるようになっています。

記念日設定には、入籍や誕生日だけでなく、
「ふたりが初めて言葉を交わした記念日」
「はじめて手をつないだ記念日」
などの登録ができます。
これで忙しい準備中でも忘れることはないですね。
でも私の場合、まったく覚えていないので、1つも登録できず。 残念。(泣

ウェディングロードという箇所には、決まったモノ、コトを保存できるようです。
「○カ月前までに決めよう」とあるので、期間の目安もできて何を決めて、
何を決めていないか一目で確認できます。これは便利だ。

ちょっとびっくりしたのが、「みんなで楽しく結婚準備」というコンテンツ。
え?!男性や親も登録するのね・・。時代は変わったな。

挙式予定日を仮でも設定できるので、設定しておくと挙式までの日にちが出るようになっています。消化率も付いて、どこまでできているのか、スケジュール感をもたせることができます。ただ日にちを掲載するだけでなく、ハートマークの中の配色の量でより進捗の%を視覚的に追うことができます。
こういったコンテンツの見せ方は女子が好きですね。

ゲスト名簿は、名前、敬称、住所などの管理がWEB上でできるようです。席次表というflashコンテンツとの連携も可能のようです。ここはもう少し結婚準備が進んでからの利用となるので、使いやすさを実感するのは、もう少し先ですね。

スマホに関しては、PCの動きをそのまま踏襲したような印象を受けます。
やはりこれだけのボリュームがあるとユーザーも“スマホで”ということはないでしょうね。
旦那さんと話すのにもPC前が多いかと。
ただ、外出先やPCはすぐ見ることができないシーンの場合を考えるとスマホでのユーザービリディはもう少し向上できそう。動きや導線、コンテンツ量に関しては勉強になる部分がまだまだありそうです。
次回もこの続き!
お楽しみに。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ