WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

軍曹

2015/04/21

ついにやって来た!モバイルフレンドリーアップデートで検索順位に大きな変動の可能性。

投稿者: 軍曹
カテゴリー: マーケティング >SEO

23b128c70b7df079c1048a3ec77c089b_s

2015年4月21日に、Googleは以前よりWEB業界では話題に上がっていたモバイルフレンドリーアップデートを開始いたしました。

「モバイルフレンドリーアップデートって何??」と思う方もおられると思いますので、簡単にご説明いたします。

モバイルフレンドリーアップデートとは
“スマートフォンでの表示に最適化されているかどうかがGoogleの検索結果に影響を与える”アルゴリズムの変更です。

Googleが何を基準に「ここのWEBサイトはスマートフォンに最適化しているな」と判断しているか?はハッキリと分かりませんが、下記のページで簡単にGoogleにスマートフォンに最適化されているかどうかチェックをすることができます。

■モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

おそらく、みなさんもモバイルフレンドリーアップデートについてGoogleに聞きたいことは山のようにあると思いますので、その代表的な質問を以下にご紹介しておきます。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

Q1:パソコンでの検索順位にも影響はあるの?
A1:どうやらパソコンからの検索には影響はないようで、スマートフォンからの検索結果のみに影響を与えるようです。

Q2:検索順位が上がるのはページ単位とWEBサイト単位のどっち?
A2:今回はページ単位での変更になるようです。
例えばWEBサイト内で10個のページがモバイルフレンドリーになっていた場合、その10ページだけが検索の上位に表示されるようになるようです。

Q3:モバイルフレンドリーでないWEBサイトにリンクしていたらどうなる?
A3:いわゆるスマホサイトからPC用のWEBサイトにリンクを貼っている場合ですが、遷移元のスマホサイトは問題なくモバイルフレンドリーだと認識されるようです。
使い勝手の面からは、いきなりPCサイトに行くと良くありませんが、Googleとしては問題なしと判断するようです。

このような質問と回答は、Googleの“ウェブマスター向け公式ブログ”に紹介されていますので是非参考にしてみて下さい。

これまで「うちはBtoBの企業だからスマホサイトは不要だ!」と思っていた方は多かったんじゃないでしょうか?
しかし、世の中は着実にスマホでの閲覧者を強く意識した傾向にあります。

企業にとっては厳しい時代になってきましたね~

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ