WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

gucchi

2014/09/12

WinSCPでファイル名が文字化けする時の対処法

投稿者: gucchi
カテゴリー: プログラム >サーバ

今回はWinSCPを使っていると稀に発生するファイルの文字化けの対処法をご紹介したいと思います。

対処前

画面右側のファイル名が文字化けしまくってます。

WinSCPの設定を変更

(1)WinSCPを起動します。


(2)編集ボタンをクリックします。


(3)ファイル名をUTF-8でエンコードの部分が【自動】になっています。


(4)ファイル名をUTF-8でエンコードの部分を【オン】にしてOKボタンをクリックします。


(5)見事に文字化けが直りましたね!

まとめ

今回は文字化けをWinSCPの設定で直す方法をご紹介しましたが、本来WEBにアップするファイル名に全角文字を含めるのは色々とデメリットが多いので、半角英数字と一部の記号を用いるのが一般的です。
一部のCMSでは意図的にファイル名を指定しないとアップロードする際のファイル名をそのまま使用してしまうようなので注意が必要です。
今回ご紹介したような場当たり的な対処法よりも普段から根本的な対処を心掛けたいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ