WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

たかし

2014/09/05

画像サイズを圧縮して表示速度を早めよう

投稿者: たかし
カテゴリー: マークアップ >テクニック

大量に画像を扱うサイトの場合や、少しでもページの読み込みを早くするために、
画質を落とさずにファイルサイズだけを削減するツールを紹介します。

Voralent Antelope

Voralent Antelopeは大量にある画像ファイルを、
一括で最適化(圧縮)がかけられるツールです。

説明書が不要なくらい操作は簡単で、ファイルをドロップするだけです。
初心者の方でも安心して使えますよ。

デジカメの写真整理に使うのも良いですね。

ダウンロードはこちらから

使い方

起動をすると、ファイル・フォルダをドロップするエリアが表示されます。

フォルダごとドロップをすると、ファイルリストが表示されます。
右上の赤枠部分のボタンを押すとオプションが表示されます。

“非可逆圧縮モード”にチェックをいれてください。
可逆圧縮・不可逆圧縮とは?
ここで、元のファイルをバックアップとりたい場合は、
“オリジナルファイルをバックアップ”にチェックをいれてください。
※「ファイル名.bak」の名前で同じ階層にコピーが作られます。

左上の「最適化」ボタンを押すと、最適化が始まります。

全体で84.07MBの容量が削減されました。

圧縮前とファイルサイズを比較してみると、こんなにも差がでました。

画質を比較してみると・・・

左が「圧縮前」で、右が「圧縮後」です。
それほど大きな違いはありませんね。

書き出すときにPhotoshopでWeb用に最適化をして保存しているにも関わらず、
画質を落とさずにこんなにもまだファイルサイズを削減できます。

ファイル容量はそのまま画面の表示速度の結果として返ってくるので、
同じものを作るのであれば少しでも表示が早い方が良いですよね。

とはいえ、圧縮しすぎるとやはり微妙にですが画質が落ちるので、
ファイル容量と画質のバランスを見て使う感じが良いと思います。

他にもこんなツール・サイトがあります

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ