WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

コロ

2012/06/22

繋がりたい

投稿者: コロ
カテゴリー: マーケティング >SNS

先日の台風4号の被害は、大丈夫でしたか?
私は会社で唯一の名古屋市民。
という訳でもちろん帰社時間が一番最後でした。

さてはて、最近の話題を。

ベッキーのCM(もう昔のことになりますかね)で
一躍有名となったサービスLINE。 先週大きな動きがありましたね。
そう、企業の公式アカウント。

今まで

  • 日本の芸能人アカウント(ベッキーやGACKT)
  • 韓国の芸能人アカウント(イ・ミンホ)
  • 便利/ニュース系アカウント(占い、英語通訳)

でしたが、
コカ・コーラ、ローソン、すき家、日本テレビが 公式アカウントを始めました。

また、初めての映画のキャンペーンとして アメイジングスパイダーマンのスタンプが期間限定で無料で 使用することができます。

同時に気になるのは、LINEの今後。
収益化の方針として方向性を示しました。
以下です。

  1. スタンプの販売
  2. 外部アプリケーションの提供
  3. 芸能人/企業の公式アカウントの公開

1に関しては最初から収益化として考えていたのかは謎ですが、
意外にLINEのキャラクターってシュールなんだけど、 使っちゃいます。
私個人的には、チェリーココがお気に入りで、 よく使っています。

2に関してはFacebookを意識しているなって思います。
連日WEB系のニュースでは、話題になっていますが、
Facebook のモバイルへの取り組みの遅さが指摘されていますね。
Facebookよりいち早く精度の高く、UIを意識すればあっという間に 一人勝ちできそうですね。

最後の3は、やっぱりか!と思いました。
もちろん収益化を考えた際、企業の介入は必須だと思います。
ただ、発信する相手は1人ではなく他大人数です。

どうやってコミュニケーションを取るのだろう?
結局情報の発信で終わるのではないかな?
どうやって相手からの発信をもらってそれを活用するのだろう?
いくら一般ユーザーとつながりたいと思っても限度がありますよね?

店頭で店員が1人の買い物客を接客するにも限度があります。
ではどこまでの人を囲いこんで、どういう情報が欲しいのか どういうことをしなければいけないのか。
ツール(プラットフォーム)を目指す会社も
それらを利用する会社も本気で取り組んで、
日本のサービスを確立してほしいと思う。

そう思った1週間でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ