WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

shima

2018/03/13

Photoshopのパターンを使ってみよう

投稿者: shima
カテゴリー: デザイン >Photoshop

Photoshopで制作をしているときに、
背景や部分的に寂しい…雰囲気を全体的に変えたいを思ったことはありませんか?
フリー素材で背景にすることも出来ますが、オリジナルの模様で作ってみたい…
そんなときは「パターン」で作ってみましょう!

パターンとは?

繰り返す画像模様のことです。

パターンを作ってみる

まずは、Photoshopで100px×100pxの正方形のアートボードを作ります。

次に、模様にしたい図形やイラストをおきます。
ここでのコツは「繰り返す」ことを考えて角に図形を上下左右で
切った形を配置します。


そして、「編集」から「パターンを定義」を選び保存します。

背景にする

パターンが完成したら、背景にしてみます。
新しいアートボードを作成し、「塗りつぶしツール」を選択します。
パターンの中に先ほど保存したパターンを選び、塗りつぶすだけです!

塗りつぶすと…

このように画像模様になっています。

また、図形にも塗りつぶしツールでできます。

パターンをダウンロードして使う

自分では制作が難しいという場合でもフリー素材からダウンロードをして
Photoshopのメインメニューより「編集」>「プリセット」>「プリセットマネージャー」を選択して、
プリセットの種類を「パターン」に設定すると追加ができます。
その場合は拡張子が「.pat」のものを選択してください。

まとめ

パターンを使うことでデザインがすこしよく見えてくるので
ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ