WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

スーザン

2018/02/28

Photoshopでシズル感アップ!食べ物をよりおいしく見せよう

投稿者: スーザン
カテゴリー: デザイン >Photoshop

食べ物の写真を使用するときに、よりおいしく見せるための加工方法をご紹介します。今回はラーメンの写真に湯気をプラスしてシズル感をアップさせます。

シズル感
英語の擬音語で、肉を焼く時のジュージューいう音のことをシズル(sizzle)と言う。そこから転じて人の感覚を刺激する感じのことを指し、広告やデザインの世界では、瑞々しさというような意味で使われたりする。
via: シズル感とは – 美術用語 Weblio辞書

写真をレイヤー別に重ねていく

今回はお店のカウンターにラーメンが置かれた写真に加工していこうと思います。

  1. カウンター写真(カウンターレイヤー)を用意する

  1. カウンターの上に切り抜いたラーメン写真をレイヤーで重ねる(ラーメンレイヤー)

ラーメンだけの写真をカウンターに置いただけで、いい感じになってきました。
背景から感じさせる、シチュエーションの変化もおいしさをアップさせるポイントですね。

湯気の写真を重ねる

  1. 先程重ねた2つのレイヤーの上に湯気の写真を重ねます(湯気レイヤー)

湯気の写真で下のレイヤーが全て隠れてしまっていますが、このままで大丈夫です。

  1. 湯気レイヤーの描画モードを「スクリーン」に変更します

マスクをかけて調整をする

  1. 湯気の位置を調整し、ラーメンの上のいい感じなところに移動させます。
  2. 余分な湯気をレイヤーマスクで調整します

レイヤーマスクのかけ方は、上記画像のように(1)レイヤーマスクを追加を選択し、(2)追加されたマスクを選択(白枠になっている)状態にします。ブラシツールを使って不要な部分をなぞっていきます。

※消しゴムツールなどで湯気を消してもいいのですが、消しすぎてしまったときに調整がしやすいのでマスクをかけて調整する方法がおすすめです。

完成した写真を比べてみると、湯気がプラスされたことにより熱々さがでてシズル感がアップしています。おいしそう!!
食べ物の写真をワンランクアップさせたいとき、ぜひ試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ