WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

コロ

2018/01/09

「Google Site Search」がサービス終了!

投稿者: コロ
カテゴリー: マーケティング >ディレクション

Googleの有料版サイト内検索の「Google Site Search」が2018年3月31日でサービスが終了することが発表されました。これを受けて「え?うちのサイト大丈夫?」と思った方も多いのではないでしょうか?

『Google Site Search』が2018年3月31日でサービス終了

今回終了になるのは、有料版の「Google Site Search」で無料版の「Google カスタム検索」は引き続きサービスを受けることができます。「え?2つもあるの?」と思った方いらっしゃるのでないでしょうか?
大きな違いが、2つあります。この機会に振り返ってくださいね。

googleサイト内検索の大きな2つのポイント

有料か無料か

有料版の「Google Site Search」は年間で100米ドルで提供されてきました。
無料は文字のごとく無料です。

広告が表示されるかされないか

有料版では検索結果画面に表示される検索連動型広告やGoogleロゴを非表示にすることができます。もちろん無料版は非表示にすることができません。

「Google Site Search」に代わるサービスって?

Googleカスタム検索はサービス提供中

無料版はこれまで通りサービスの提供をしていくので、Googleカスタム検索を導入されている方は、そのままで結構ですし、
これから新たに構築する予定のサイトでも、問題ございません。
構築方法としては、こちらが詳しく説明しているので、こちらを参照していただた方がよいでしょう。

Yahoo!カスタム検索

最も比較されやすいのは、Yahoo!ではないでしょうか?「聞いたことがあるけど、導入したことないや。」という人も多いのではないでしょうか。一発で分かる比較表を作ってみました。私がお客様から聞かれることのみを抜粋しているので、この差をお話頂ければ問題ないかと思います。

その他の有料サービス

Google、Yahoo!以外にもサービスはあります。例えば
株式会社マーズフラッグさんのとか
i-search(株式会社スカラコミュニケーションズ)とか

弊社は営業代理ではありませんので、詳しくはお話できませんが、それぞれのサイトを見ていただければ、理解が深まるのではないでしょうか?

まとめ

最近Googleは何かとサービスを終了したりが多い気がします。(Googleドライブがサービスを置き換えしたのは記憶に新しいです。)Googleは使い勝手やカスタマイズ、無料という点で導入されている企業様も多く、私どもも提案しやすいです。しかし痛いのはこのようにサービスが終了になったときです。移行や再構築は少し手間ですが、新しい風を常に取り入れていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ