WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

たかし

2015/12/09

狙ったディレクトリだけを解析!Googleアナリティクスのフィルタ機能を活用しよう(2)

投稿者: たかし
カテゴリー: マーケティング >アクセス解析

前回に引き続き、Googleアナリティクスの便利なフィルタ機能をご紹介。今回は、同じドメインでサイトが複数存在する場合や、特定のディレクトリだけの解析データを抽出するフィルタの設定方法です。

例えばこんなときに

アイ・セプトの採用サイトは、http://www.i-cept.jpの/recruit/というサブディレクトリ内に構成されています。コーポレートサイトと採用サイトではターゲットとなるユーザーが異なるので、より効果的な施策を打つためにはそれぞれの詳細な解析データが必要です。そんなとき、このフィルタ機能が活躍します。

設定方法

まずはフィルタを設定するための新しいビューを作成します。「アナリティクス設定」内の「ビュー」タブから「新しいビューを作成」をクリック。お好きなビュー名(後から変更可能)とタイムゾーンを入力し「ビューを作成」で完了です。
ws2
↑採用サイト用のビューが作成されました。

それではいよいよフィルタの設定です。「ビュー」タブから先ほど作ったビューを選択し「フィルタ」をクリック。左上の「フィルタを追加」ボタンを押すと、設定画面が表示されます。「フィルタ名」を入力し(抽出するディレクトリ名が分かりやすいと思います)「フィルタの種類」を左から「右のみを含む」→「サブディレクトリへのトラフィック」→「前方が一致」と設定。「サブディレクトリ」に計測したいディレクトリ名を入力すると、そのディレクトリ内のページだけが計測され、それ以外のページへのアクセスは対象外となります。
ws3
↑これでOK。

以上で設定は完了です。計測結果が表れるまで少し時間がかかるので、正しくデータが取れているかどうかの確認は忘れずに。また、フィルタの設定は失敗するとまったくデータが取れなくなってしまう恐れがあるため、必ずビューをコピーしてから行ってください。
一見面倒ですが、やってみると案外簡単なフィルタ機能。非常に便利なので、ぜひ使ってみてください。

その他のフィルタ機能に関する記事はこちら

サブドメインをまとめて計測!Googleアナリティクスのフィルタ機能を活用しよう(3)

邪魔なリファラスパムを一掃!Googleアナリティクスのフィルタ機能を活用しよう(1)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければシェアしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よろしければこちらの記事もお読みください。

WEB業界ならqam!qam(カム)はWEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイトです。
マーケティングやデザイン、マークアップ(コーディング)、プログラム、トレンドなどの情報をqamライター陣が執筆。噛めば噛むほど(読めば読むほど)制作・開発や運営・運用、業界知識やノウハウを学ぶことができます。

トップへ